フードアレルギー検査||あやこいとうクリニックの診療内容

お気軽にお問合せください03-6455-1337 受付時間:10:00〜18:00(無休)要予約

HOME > 診療内容 > フードアレルギー検査

フードアレルギー検査

ご存知ですか?「遅延型」のフードアレルギー

「フードアレルギー」というと、お蕎麦や卵に対するアレルギーのように、食べてすぐに症状が出るものを想像しますが、実はその他に、数時間~数年経過してから、ゆっくり・じんわりと体調不良を起こすタイプのフードアレルギーもあります。

すぐに自覚症状が出ないために原因が特定しづらく、知らず知らずのうちに飲食と体調不良を繰り返してしまう方が多いのが、遅延型アレルギーの特徴です。慢性的にアレルギー症状を起こすことで、身体に炎症という形で負担がかかり、老化や病気の原因となってしまう可能性もあります。

意外な食品が不調の原因であった、ということも考えられますので、一度、検査をお受けになってみませんか?

遅延型フードアレルギー(IgG抗体)は胎児移行の可能性もあるため、妊娠前・妊娠中の予防検査「プレナタル検査」としても有効です。


こんな方にフードアレルギー検査は有効です

・特に明確な原因がなく、不定愁訴(倦怠感・モヤモヤ感・鼻炎もしくは鼻閉症状・ノドのイガイガ感・偏頭痛等)が続く方
・肌荒れ、ニキビ、口内炎等がよくできる方・なかなか改善されない方
・妊娠中、またはこれから妊娠・出産を考えている方

妊娠前予防医療「プレナタル」の一環としても

すぐに症状が出るタイプのフードアレルギーと異なり、遅延型フードアレルギー(IgG抗体によるアレルギー症状)は胎盤移行性があり、母体から胎児にも移行してしまいます。妊娠期間中にアレルギーを引き起こす食品を避けるなどすれば、子供のアレルギーを回避できる可能性があり、そのためにまずは検査を行うことを、妊娠前予防医療「プレナタル」の一環としてお勧めしております。

健康な母体で赤ちゃんを育むために、また、出産後の赤ちゃんの健康リスクを低減するために、当院では大きく3つの検査プログラムを行っております。

1.フードアレルギーチェックによる、母親から胎児へのアレルギー移行の回避
2.分子栄養療法による、妊娠準備期~妊娠中の栄養バランス正常化
3.キレーションによる、母体から有害物質の排出

▲ページTOPへ戻る


当院の検査

日常生活に取り入れやすく。96項目の食品・スパイスを細かく検査

96項目の食品・スパイスを細かく検査
検査結果サンプル
(クリックするとPDFファイルをご覧いただけます)

フードアレルギー検査は、日本人の食生活に対応した96種類の項目をチェック。

日常生活に検査結果を取り入れやすいよう、例えば「アボガドはOK、ヨーグルトはNG」というように、野菜・果物・乳製品・ナッツ類・肉類・魚類等のカテゴリ毎に、食品へのアレルギー度を検査報告書にまとめてご連絡いたします。

ホルモン分泌量や栄養バランス等の総合診断も可能

ホルモン分泌量や栄養バランス等の総合診断も可能身体の不調の原因はさまざまです。

フードアレルギーの他にも、ホルモン分泌量やビタミンなどの栄養素の不足が原因の場合もあります。

当院ではフードアレルギー検査の他にも、各種検査によって総合的に不調原因を検査・治療することが可能です。

ホルモン分泌量を検査して補充「ナチュラルホルモン補充療法」について詳しく
不足しがちな栄養素を解析、バランスよく効率的に摂取「分子栄養療法」について詳しく


検査の流れ

1、カウンセリング

医師からフードアレルギー検査について説明します。ご不明な点やご不安がありましたら、お気軽にご相談ください。

2、血液検査

指先から数滴、ごく少量の血液を採取します。採取した血液にて各食品に対するアレルギー検査を行います。

3、(再来院)結果報告

検査の結果をご報告後、医師から日常生活のアドバイスを行います。
※検査結果が判明するまで、約7~14日かかります。

施術費用のご案内

診療カレンダー

お問い合わせフォーム

あやこいとうクリニック

〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町24-7
代官山プラザB1D
TEL:03-6455-1337
受付時間10:00~18:00